【WordPress】シンプルで高機能なテーマ「Simplicity」に変更

このサイトはWordPressを勉強しながらデフォルトテーマ「twentytwelve」をベースに一年半ほどいじってきましたが、あらためて見なおしてみると継ぎ接ぎだらけでグチャグチャ見難い。
そんな思いが湧いてきたので新しいテーマ「Simplicity」に変更しました。

スポンサーリンク

なぜSimplicityに?

またWordPress公式のデフォルトテーマをと思いいろいろ調べていたのですが、過去の記事を調整せずにテーマを切り替えようとするとかなりの改造が必要になってしまいます。
デフォルトテーマは最も信頼できるテーマではありますが、多言語対応のため日本のブログ事情に最適とは言い切れないのです。

そこで国産のテーマに選択肢を絞り再度調査。
STINGERとSimplicityが候補に挙がり、最終的にはシンプルでデザインが自分好みのSimplicityをセレクトしました。

20150317_simplicity_01

Simplicityとは

Simplicity

Simplicityとはわいひら(@MrYhira)さんが作成したフリーのWordPressテーマです。
SEOの最適化がなされており、ソースをいじらずに多様なカスタマイズができるすぐれものです。
作者は日本の方であり日本のブログ事情に適した痒いところに手が届く作りになっています。

ブログとして使うならソースをいじる必要はほぼなく、初心者+αには最適でしょう。
また子テーマもいろいろなバリエーションが配布されており、積極的にテーマの改造を施すことも出来ます。

WordPress公式としては登録されていませんが、フォーラムでの不具合対応も活発に行われており安心出来ます。
フォーラム(Simplicity)

20150317_simplicity_04

Simplicityの特徴

特徴は、

デザインがシンプル
カスタマイズが多彩
SEO最適化済み
レスポンシブデザイン
SNSとの相性がよい
広告バナーや解析の導入がはじめから考慮されている
関連記事やサムネ付き最新記事などがプラグイン無しで設定できる

と盛りだくさん。

一般的な個人ブログとしての標準装備をデフォルトにしてありますので、ブログとして運用するなら素のままでも十分使えます。
あとは各個人の好みでカスタマイズするという使い方です。

カスタマイズ

カスタマイズはダッシュボードの「外観」-「カスタマイズ」で行い、思いつく大抵のことがここで設定できるようになっています。
通常ヘッダに埋め込むようなanalyticsもここで設定できます。

20150317_simplicity_02

強いて不満点を挙げるなら

adsenseの同サイズのバナーはコードが一つだけで複数設置されるため、カスタムチャネルが使えないことでしょうか。
バナーの位置別の解析が出来ないということです。

20150317_simplicity_03

バナー配置は実績のある何パターンの中から選ぶようになっているため、位置別の解析が出来てもあまり意味がないのですが、一応確認しておきたかったなぁという程度の話です。
まあ他のテーマのようにphpファイルに直接書き込めばできるのでいずれやってみようと思います。

個人的な感想

普通にブログの運用をして記事をガンガン書く人ならSimplicityは最適なテーマだと思います。
カスタマイズ項目が非常に多いため、運用していてもソースをいじることはほぼ必要ないでしょう。

逆にこれからWordPressやPHPを勉強したいと考える人には便利すぎてその意欲が削がれてしまうかもしれません。
私もまだまだ勉強の身ですので、あまり頼らずに運用していきたいと思います。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA