【WordPress】 テーマ Twenty Twelveの「コメントをどうぞ」を消す

WordPressのデーマ「Twenty Twelve」を使用していますが、なぜかトップページの投稿タイトルの真下に「コメントをどうぞ」という表示があります。

まだ記事を読んでいないのにコメントを求めるのはどうも不可解です。

delete_comment_response_01

コメントがあると「1件のフィードバック」という表示に変わりますが、極力シンプルなサイトにしたいためこれを消してしまいましょう。

方法は、

  1. 表示を出力しているファイルのソースから該当部分を削除する。
  2. CSSで表示しないようにする。

という方法があります。

スポンサーリンク

1.表示を出力しているファイルのソースから該当部分を削除する。

「コメントをどうぞ」を出力しているのは親テーマ「twentytwelve」ディレクトリにあるContent.phpのこの部分。

念のためバックアップを取った後、この部分を削除します。

delete_comment_response_02

このContent.phpを子テーマ「twentytwelve_customize」ディレクトリに入れる。

これで「コメントをどうぞ」や「1件のフィードバック」などの表示は消えます。
これはトップページだけでなく、記事の個別ページやアーカイブページも全て消えます。

一つ注意すべき点はContent.phpを子テーマのディレクトリに入れたため、親テーマのTwenty Twelveで何か問題が発覚しContent.phpがアップデートされたときにそれが反映されないことになります。
そのことを覚えておく必要があります。

もしくは修正したContent.phpを子テーマではなく親テーマに戻し、万が一アップデートがあった場合は表示が元に戻るため、再度コードを削除するという手もあります。

2.CSSで表示しないようにする。

子テーマ内のstyle.cssで表示しないようにする方法です。
「twentytwelve_customize」ディレクトリ内のstyle.cssに以下のコードを追加して戻します。

.comments-link {
    display: none;
}

delete_comment_response_04

こちらも結果は同じ通り、全てのページの「コメントをどうぞ」「1件のフィードバック」などの表示が消えます。

このサイトではシンプルで変更箇所が分かりやすい「2.CSSで表示しないようにする」を採用しました。

まとめ

「コメントをどうぞ」などコメントに関する表示は子テーマのstyle.cssで表示させないようにした。

忘れた頃に作業が発生しないように極力親テーマはいじらないようにしたい。
またアップデートでも余計な作業が発生しにくいサイト構成にしたい。

後日バタバタするのだけは避けたいもんね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA