【PC&NET】 モバイルフレンドリーアップデートの変動はこれからもゆるゆると続く

モバイルフレンドリーアップデートは拍子抜けするほど影響がありませんでした。

その理由は

①何らかのトラブルでまだアップデートできていないため、今後あるタイミングで一気に変化する。
②ユーザーの行動を評価して変化していくため、時間とともに徐々に変わっていく。

のどちらかで、私の予想は①、つまりこれからドンと動くと考えていましたが・・・。

スポンサーリンク

アップデートの展開は終了、ただし・・・

海外SEO情報ブログに興味深い記事がありました。

●海外SEO情報ブログ
【Google公式】モバイルフレンドリーアップデートは展開完了

この記事によるとGoogleの中の人のコメントとして

微妙な質問だね。アルゴリズムは展開した。でもすべてのページがまだ再インデックスされていないから。新しいスコアが付いていない。まだだね。

との発言があったというのです。
つまりシステム自体は盛り込んだが順位変動は完了していないということです。これからも動くのです。今後あるタイミングでどーんと動くと考えていた私の予想は残念ながら大ハズレです。

Googleは「影響が小さいのはモバイルフレンドリー対応のサイトが増えたから」とも言っていますが、未対応サイトが上位に居座っている現状を見る限り、これはちょっと違うように感じます。
スマホ対応を一気に推し進めるために多少ブラフ気味の大げさなアピールを使っただけというのが真意のようです。

とあるキーワードの順位変動

「漢字」という話題性のない、そして情報の価値が変わりにくいキーワードの順位変動を見てみましょう。

20150507_mobile_f_update_02

確かにモバイルフレンドリーアップデートの対応期間(4/21から1週間)のあと、4/28以降にスマホ対応が増えています。
が、微妙な結果ですね。
正直なところこれがモバイルフレンドリーの影響とは言い切れません。

個人的な意見としてこのラインナップがスマホユーザーが求めているものとは思えませんので、これからもこんな感じにゆるゆると動きながら変わっていくのでしょう。

私が運営しているアンテナサイトもようやくPCとスマホの順位に差が付き始めました。
上がらない順位に焦りサイトを引っ掻き回さず、気長に構えていけば良さそうですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA