【アフィリエイト】モバイルフレンドリーテストでスマホ対応が問題ないかを確認しよう

seo情報を追いかけている方ならご存知のとおり、googleは4/21より「モバイルフレンドリーかどうかがモバイル検索順位に影響を与えるようにアルゴリズムを変更する」とアナウンスしています。

簡単に言うと「モバイル対応していないサイトはモバイル検索の順位を落としますよ」ということです。

スポンサーリンク

モバイルフレンドリーのポイント

  • googleが定める「モバイルフレンドリー」という規格を満足していないと4/21よりモバイル検索の順位が落ちる。
  • 逆にモバイルフレンドリーに合格しているサイトは順位が上る可能性が高い。
  • モバイルフレンドリーテストには中間点がなく合格か不合格かの2択で処理される。
  • google曰く、パンダやペンギンなどのアップデートよりインパクトがある。
  • 評価はサイト全体ではなくページごとで判断しているため、一部対応していないページがあっても他のページの評価は落ちない。
  • googleとしてはレスポンシブデザインを推奨。
  • PCとモバイルでURLを分けるのは好ましくない。

詳しくはこちらgoogleサイトにて。

https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/?hl=ja

20150324_mobile_friendly_02

モバイルユーザーを相手にしていないサイトなら放置していいでしょう。
しかし現在アクセスの80%以上がスマホであり、「これからはスマホ経由のアクセスが重要」と考えている私としては放っておけない話です。

テストをしてみよう

googleがモバイルフレンドリーかを確認できる仕組みを用意してくれていますので早速やってみましょう。

●モバイルフレンドリーテスト
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

まずはこのサイトを試してみましょう。
1分ほど待つと結果が表示されます。

無事合格のようです。

20150324_mobile_friendly_01

私は基本的にレスポンシブのテーマを改造して使っているため、他のサイトも全て合格でした。

なおウェブマスターツールでもモバイルユーザビリティが確認できますが、即時には反映されません。
修正後に即確認をするなら上記ツールを使った方が良いでしょう。

20150324_mobile_friendly_03

これはあくまでもモバイル検索にのみ影響する話で、PC検索には影響がありません。
モバイルからのアクセスが全くない場合やPCで見やすいことが売りのサイトなどの場合は、無理にデザインを壊してまで対応する必要がないということです。

打ち捨てられている過去のイベントのWebサイトを見てみるとこんな感じ。
このサイトはおそらくもうこのままでしょう。

20150324_mobile_friendly_04

ということでモバイルフレンドリーチェックは終了。
これで一安心ですね。
4/21に何が起こるか楽しみです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA