【アフィリエイト】 アンテナサイトの制作状況(その1)

現在、アンテナサイトの制作を行っています。
ここらで状況をまとめておきましょう。

スポンサーリンク

制作状況

状況はこんな感じ。

antenna_progress_20140915

どうしても必要だった「記事ごとのクリックカウンタ」の作成でドツボにハマり、無駄に時間を費やしてしまいました。
現在は大雑把な方向性をまとめた企画書が完成し、仮の仕様書を作成しています。

ジャンル

取り扱うジャンルは手始めに「海外の反応ブログ」を考えています。
「海外の反応ブログ」とは海外のコミュニティーの日本に関する話題を翻訳したサイトのことです。

さほど更新頻度が多くないため、アクセス負荷を調査するのにちょうどいいかと思います。
また海外の反応ブログは基本的に友好的な記事が多いのですが、たまに炎上を狙った不快な記事が紛れることがあります。
これをユーザーの好みで排除出来るようにすれば既存サイトとの差別化になりそうです。
というか、自分がそういう機能を欲しいなと思っただけなんですけどね。

ちなみに、さくらインターネットではフィードの自動取得に使うCRONが
・1時間以内に連続する場合
・CPU処理時間が60秒以上連続で利用される場合
などがあると、予告なく設定が削除されてしまうようです。
結構厳しいですね。
現状のスタンダードプランという契約では大規模なアンテナサイトの構築は難しいのかもしれません。

CRONを叩く間隔を開けると取得する記事が増えてCPU処理時間が増すという関係でもありますので、まずは小手調べとして小規模なジャンルのアンテナサイトで試してみようということです。

システム概略

大雑把にシステムをまとめておくと、

・ベースはWordPressを用い、改造してアンテナサイトにする。
・CRONで定期的に収集したフィードをWordPressの記事としてデータベースに登録する。
・メインのページとなるリンク一覧は固定ページに表示させる。
・数種類のNG機能をつける。
・NG設定はcookieを用いて保持する。

●参考サイト
フィードを収集して取り出すシステムはこちらの記事を参考にさせていただきました。

WordPressでのアンテナサイト作成をめぐる冒険(照る照る坊主の青空)

フィードで収集した情報を記事としてWordPressに取り込んでいくという手法です。
おそらく自分だけでは考え付かない面白い発想です。
コアとデザインをWordPressに依存できるので、一からアンテナサイトを構築するよりも相当に楽になりそうです。
ありがたい限りです。

課題

今回ははじめて使う機能が多いために課題も多くあります。

・データベースへの読み書き/検索

直接データベースを操作することに慣れていないため苦労しています。
またユーザーごとの記事の取得にサーバーサイドでフィルターを掛けているため、実際に稼働させてみないとサーバーにどの程度の負荷がかかるのかが分からず、この点も心配しています。

・セキュリティー対策

外部データを直接データベースに突っ込むためやSQLインジェクション対策が必要。
ユーザーがキーワードを登録することができるためクロスサイトスクリプション対策も必要。

・cookie

こちらも実用として使うのは始めて。
ああでもないこうでもないと試行錯誤してようやく動くようになりました。
いろいろと癖があり大変です。

・jQuery(JavaScript)

今回はクリックカウントを発動させる処理で使います。
機能としてはPHPでも作成することが可能なのですが、スマートに見せようとするとJavaScriptに手を出さないといけないようです。

切りの良いところでこれらも技術メモとして記事にしていきたいと思います。

いろいろ勉強することが多くて悩ましいのですが、これらが使えるようになるとサイト開発でかなり自由度が増えることになります。
ここが今回の頑張りどころでしょう。

アンテナサイトはコンテンツを自作しないで済むため、Webプログラミングの入門としては最適なのかもしれませんね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA