【アフィリエイト】 SEO対策(その1)の状況報告②

今年に入ってアクセスが激減していた健康・悩みジャンルのサイトですが、もはや危篤状態です。
状況をまとめてみましょう。

スポンサーリンク

SEOチェキのインデックス数

SEOチェキのインデックス数が1になっていましたが、正しい数に復帰しました。

access_reduction_15

アクセスの少ないサイトは集計しないのかと思っていたのですが、そうでもないようです。
結局のところインデックス数が減った理由は不明です。

クローラ数

巡回されなくなっていたgoogleクローラですが、大きく上下しながらも復活しています。

access_reduction_17

descriptionの反映

googleクローラが一巡したおかげで検索結果に表示される説明文「description」が正しく表示されるようになりました。

access_reduction_18b

google検索結果の順位

先日より検索順位を集計する「検索順位チェックツールGRC」を導入しています。
設定したキーワードでの検索順位を記録できるすぐれものです。
フリー版でも3サイトまで利用できます。

access_reduction_19b

非常に便利なツールなのですが、記録できる順位が100位までなので過疎サイトではほとんど引っかかりません。
もう少し順位を上げないと活用できないようです。

コンテンツキーワードの変化

前回ページごとに「keywords」を追加しましたが、ウェブマスターの「コンテンツキーワード」は変化したのでしょうか。

access_reduction_14b

キーワードの精度が上がることも期待していましたがほぼ変化はありませんでした。
コンテンツキーワードは「keywords」を参照していないようです。

人的アクセス

一番の問題は人のアクセスで、もはや壊滅状態です。

対策直後は一瞬訪問数が増えましたが、クローラを人のアクセスと誤認したためです。
その後はこのように人のアクセスはほぼ0です。

access_reduction_20b

今後の対策

現在確保しているアクセス経路が「googleの検索結果から」しかないため、検索結果の順位が下がってしまえばアクセスが無いのは当たり前です。

次の対策は
・google以外のアクセス経路を作る。
・googleに良いサイトであると評価させる。
という目的で「外部リンクを作る」を試してみたいと思います。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA