【アフィリエイト】 SEO対策(その1)の状況報告

状況報告です。

昨日SEO対策の第一弾として
・各ページに内容に則したdescriptionとkeywordsを追加
・ウェブマスターツールでサイトマップ再登録
を行いました。

するとアクセスとクローラが急増。
これで一安心・・・と思ったら違ったよという話です。

今後のために記録しておきます。

スポンサーリンク

サイトマップ登録完了

ウェブマスターツールにサイトマップの登録申請を行いましたが、「保留」から「登録数」に変化しました。
申請に掛かる日数は1日のようです。

access_reduction_09b

送信と登録の数が実際のインデックス数より少ないのが気になります。

これは重複やインデックス不許可、さらにgoogleが重要でないと判断したページが弾かれるためで、通常ある程度は減るのだそうです。

アクセスとクローラ数

まず激減していたクローラ巡回数ですが、一気に元のペースに戻りました。

access_reduction_10

しかしプラグイン「StatPress」で詳細を確認してみると、巡回しているのはgoogleのクローラではなくadsenseとWordPressのクローラでした。

access_reduction_08

googleとadsenseのクローラは別のものですが、キャッシュを共有しているためにgooglebotとしてウェブマスターツールに表示さているようです。

AdSense クローラについて(adsenseヘルプ)
https://support.google.com/adsense/answer/99376?hl=ja 

推測ですが、adsenseに関しては

内容に則したdescriptionとkeywordsを追加したために私自身が全ページを回覧した。
 ↓
年末にadsenseの広告を設置してからまた一度も回覧されていないページが表示された。
 ↓
adsenseのクローラがそのページの内容を確認しに来た。

ということのようです。

そしてWordPressのクローラ。
WordPressのクローラってなに?
IPアドレスから追いかけてみると自分が使っているレンタルサーバーでした。

サーバー上のWordPressが自身のサイトを回覧することがあるのでしょうか?
プラグイン「All in One SEO Pack」の影響かもしれません。
詳細は不明ですので継続して監視します。

この現象はアクセス数にも影響しています。

access_reduction_11

レンタルサーバーからのアクセスはクローラだけでなく、ページビューとして集計されているものもありました。
さらにサーバーのJPドメインの直後にCOMドメインが追従するというセットで回覧しているため、急増したように見えたようです。

ということで、純粋な人的アクセスは増えていません。
がっくり。

METAタグの反映

googleのクローラがほとんど来ていないため、検索結果に表示されるページの説明はまだ以前のものです。

access_reduction_12b

効果が出るのはクローラが全ページを一巡してからですね。

さらに記事を追加しつつ、しばらく様子見です。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA